移動平均線を使った高速スキャルビング Envelopesーea Envelopes-Final5-5

TRADERS-pro【トレプロ】

5本の移動平均線とストキャスティクスを組み合わせた逆張りのスキャルビングEA。トレンド方向への押し目買い、戻り売りでのエントリーも可能です。

3本の移動平均線を使った両建てナンピン、ダブルトレーリング機能を搭載したバージョンがEnvelopes-Final5-5です。

Envelopesーeaの概要

通貨ペア        : 全ての通貨ペア
(USD/JPY、EUR/USD、EUR/JPY等スプレッドの小さいペア推奨)

取引スタイル      :  スキャルビング
最大ポジション    :   1~2
ロット        : ユーザー設定
使用時間足       :   M1(どの時間足でも可)
最大ストップロス   :    4 (変更可)
テイクプロフィット:    20  (変更可、トレーリングあり)

ロジック

移動平均からの乖離を利用した、逆張りEA。移動平均上のレベルラインを突き抜けて再度下のレベルラインにタッチしたときにポジションを持ちます。ストキャスティクスはフィルターとしての機能を持ちます。

外側のラインでエントリー決済するような大きくトレンドが発生した場合、内側のラインではエントリーしません。

ナンピンタイプは逆張りナンピン、順張りナンピン、両建てナンピンと設定が可能です。設定によってはトラリビEAとして機能します。

ナンピンは初回ポジションが逆行した場合に発動し、順張りは同じろロットで、逆張りはロットを増やしながらナンピンを行います。

エントリーから決済まで1分と非常に短く、設定によっては1日で100以上エントリー可能です。

移動平均線のレベルラインを変えることで、エントリーのタイミングをずらし、複数の運用することができます。

バックテスト

Envelopesーea

期間は2008.1.1~2018.4.1の約10年間

TITAN FXのUSD/JPYのブレード口座「0.3pips」 証拠金 10万円 1.0LOT 

損益 162800円 ストキャスティクスのフィルターが効いているのか、あまりエントリーは多くないですね。

TITAN FXのEUR/USDのブレード口座「0.3pips」 証拠金 10万円 1.0LOT 

損益 320289円 トレード頻度は多く 確実に利益を上げています。

TITAN FXのEUR/JPYのブレード口座「0.6pips」 証拠金 20万円 1.0LOT

損益 500311円 上の2つの通貨の取引頻度は倍以上になっており、トレード回数によって利益は大きくなるようです。

Envelopes-Final5-5

TITAN FXのJPY/USDのブレード口座「0.3pips」 証拠金 10万円 1.0LOT

損益 648200円 ナンピンポジションが安定して利確してます。

TITAN FXのEUR/USDのブレード口座「0.3pips」 証拠金 10万円 1.0LOT

長期に渡ってマイナスが続いてますが、損益 201879円

TITAN FXのEUR/JPYのブレード口座「0.6pips」 証拠金 10万円 1.0LOT

損益 2760100円 確実に利益を積み上げてます。

まとめ

スキャルビングEAなのでどんどんポジションを取り利確していくイメージですが、あまり取引は多くはありません。ストキャスティクスのフィルターが功を奏しているのでしょうか。

勝率も高くはありませんがスキャルビングEAの特性上利幅が少ないのでロットを上げる必要があります。しかし、少ない証拠金では口座破綻せず、どの通貨も長期に渡って利益を積み重ねていきますので、複数通貨でのポートフォリオを組めば大きく増やすことができると思います。

パラメータも多くいろいろな設定できますので、同一通貨でエントリーも増やすことができます。

しかし、多くの設定できることは、初心者にとってハードルが高めで、中級者以上のEAではないでしょうか。

パラメータを調節したエントリーモデルが複数あれば、初心者でも使いやすいEAとなると思います。

Envelopes-ea 【TRADERS-pro:トレプロ】

Envelopes-Final5-5【TRADERS-pro:トレプロ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする